o
ホーム > Androidセミナー/トレーニング情報 > OESF公認 Androidアプリケーション応用 WebAPI開発

「OESF公認 Android組込み開発基礎コース Armadillo-440編」

Androidトレーニング

■トレーニング名

「OESF公認 組込み開発基礎コース Armadillo-440編」

■日数

2日間

■対象者

実機にAndroid移植を行う際のノウハウを学びたい方、 組込みLinuxとAndroidの違いの知識習得から、NDKを用いたJNIアプリを作成したい方

■必要となる知識

C言語経験者、Linuxコマンド操作経験者

■トレーニング内容 1 Linux概要
 1.1 Linuxとは
 1.2 ルートファイルシステム
 1.3 起動シーケンス
 1.4 Initの概要
 1.5 組込み向けOS
 1.6 組込みLinux

2 Android概要
 2.1 Androidとは
 2.2 Androidアプリケーションの動作環境
 2.3 Androidのアーキテクチャ
 2.4 アプリケーション開発環境
 2.5 プラットフォーム開発環境
 2.6 Androidの起動処理

3 ターゲットボードについての理解
 3.1 Armadillo-500fx, Armadillo-440
 3.2 ソースコードの取得
 3.3 カーネルイメージ作成
 3.4 ユーザランドの作成
 3.5 Armadillo-440への ポーティング

4 デバイスの組み込み開発の手法
 4.1 AndroidにシリアルUSBデバイス組み込み概要
 4.2 ドライバモジュール作成

5 NDKを用いたアプリケーション作成
 5.1 NDKによるJNIアプリの作成方法

6 デバッグ
 6.1 NDKで作成したライブラリのデバッグ
 6.2 アプリケーションのデバック

■トレーニングのゴール

Linux上の開発環境を使用し、シリアルデバイスを例に、NDKを使用してネイティブコードを触りながらJNIを通じて、Androidアプリケーション実装を理解することが出来る。

■お申込方法

お申込みを受理致しましたら、申込確認をメールにて送付させて頂きます。申込確認メールがお手許に届きましたら、お申込みして頂きましたコース・日程・会場を再度ご確認の上ご来場ください。

■トレーニング料金

198,000円【税込】(OESF会員様は、20%OFF)

※お支払い方法
 ・請求書送付(申込月請求、翌月末支払い)

※個人でお申込の受講者様は前払いのみとさせていただきます。

■キャンセル料

キャンセル料は各コースとも受講日から10営業日前までは受講料の半額、 前日と当日(当日の欠席を含む)は受講料の全額を請求させていただきます。

■定員

10名
※定員に達した場合、募集を締め切させて頂く場合がございます。
予めご了承ください。
※各コース受講希望者が、最低実施人数に満たない場合は、 そのコースを中止させて頂く場合がございますので、ご了承下さい。 なお、中止の場合はコース開始5営業日前までにご連絡いたします。

■受講当日

※本人確認のため、名刺をご持参下さい。

※個人の方は、身分証をご持参下さい。

■服装

自由

■備考 本トレーニングは、OESFの認定を取得したトレーナーによるものです。 即戦力のエンジニアの育成をお約束します。 ※別料金体系としてオンサイトトレーニングも行なっております。お問い合わせくだ さい。
■トレーニング会場 〒102-0083
東京都千代田区麹町3-6 住友不動産麹町ビル3号館
4F リーディング・エッジ社 セミナールーム
会場周辺地図はこちら
■お問い合わせ先

seminar@leadinge.co.jp


※ 本ページに記載の会社名、商品名およびロゴは各社・各団体の商標または登録商標です。
※ このページの内容の一部は、Google が作成、提供しているコンテンツを変更したもので
クリエイティブコモンズの表示3.0ライセンスに記載の条件に従って使用しています。