スタッフインタービュー|佐久間 秀行

スタッフインタービュー|佐久間 秀行 佐久間 秀行 2006年3月1日入社
これまでの経歴を聞かせて下さい。
   汎用機系のオペレーターとして約4年、大学のネットワーク運用を7年、その後、Linuxを使ったシステム開発が3年、プリセールスエンジニアを4年経験後、リーディング・エッジ社に入社し、現在は官公庁のシステム運用に携わっています。
LE社を一言で言えば、どんな会社ですか?
  「自由な社風とエンジニアを第一に考えてくれる」。そんな会社です。大企業にありがちな堅苦しい雰囲気はなく、自分の意見を素直に言える、そんな空気を持った会社だと思います。また、LE社に転職する際に、自分の伝えた要望や希望、条件など、ほぼすべて受け入れてくれたので、今、とても恵まれた環境で仕事ができています。
LE社と出会ったことで、実現できたこと、身に付けたことは?
  お客様業務の「業務知識」ですね。官公庁の案件には何度か携わったことがあるのですが、それでも専門用語やシステムに組み込まれた業務フローを完全に理解するのには時間を要しました。また、技術としてはOracle等の多様なミドルウェアの知識を学べたのも大きいです。
自分にとって、LE社とは?
  まだまだエンジニアとして、自分の価値を向上させていく必要があり、LE社はそのための“チャンス”を提供してくれます。逆にLE社は、まだまだ成長していく会社なので、自分はそのために貢献できるようにしています。お互いが成長することでよい関係を築ける仲間のような存在です。
これからどんな「仕事(案件)(開発)」をしていきたいですか?
  今のプロジェクトから派生するシステム構築や運用などの案件を取り込んで、さらに大きなプロジェクトに発展させたいと考えています。
最後に、あなたの「夢」を聞かせてください。
  「海外勤務」をしたいと思っています。そのためには、自分のスキルはもちろん、LE社が世界へ羽ばたけるよう、共に成長していきたいと考えています。
※ このページの内容の一部は、Google が作成、提供しているコンテンツを変更したもので
クリエイティブコモンズの表示3.0ライセンスに記載の条件に従って使用しています。